厚化粧と薄化粧

厚化粧と薄化粧
厚化粧と薄化粧

春はまだかな~。

雪多過ぎ・・・

家の前の雪で雪だるま作ったら何体できるかな。

100体はかるく超えますね!

 

 

小学5年~中学1年まで山形県米沢市に住んでいたのですが、雪灯篭祭りが有名で、

夜にろうそくが灯された灯篭はとても幻想的で綺麗だったことを思い出します。

私も当時、家の前に積もった雪で灯篭をマネして作り、中にろうそくの灯をともして

いたのを思い出します。

 

ああ、可愛かったあの頃・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

可愛かった?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とか、突っ込みはなしでお願いします。

思い出というのは、美化され都合のいいように残るものですから。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、それはそうと月日の流れは時には残酷なもので、

可憐だった乙女の私を40歳の熟女に変えてしまいました。

 

 

 

そこで最近気づいたことがあります。

 

 

 

 

化粧は歳をとるにしたがって薄くしなくてはいけない!

 

 

 

 

20代、30代と顔の変化と同時に、化粧も変えないと恥ずかしい思いをするということを。

 

 

 

 

最近私は、吉永小百合さん風メイクをするか、上沼恵美子さん風メイク

どちらを選びますか?といったら

間違いなく吉永さん風でいきたいと思うし、実際厚化粧というか

ばっちりメイクをすると、歳をとった顔に見えるということを悟りました。

 

 

つまりキレイになるのと、若く見せるのは違うのです。

化粧でばっちり顔に変えて、美人の45歳に見える人に変身するか

化粧を控えめにして、地味な35歳に見える人に変身するか

そんなことを考えながら最近化粧をしている私です~。

 

 

みなさんのお化粧のポイントは何ですか?

コメントお待ちしています~♪

6件のフィードバック »

  1. ブログお色直し中かしら?
     
    化粧、本当にそうですね。
    顔色がくすまない!これが一番大事かな。それに加え、眉毛を自然に整える、目元がぼんやり&暗くならないように適度に、唇に適度な明るさ。ポイントは「あっさり適度な明るさ」

    さらに、髪の毛は年齢と共に自然にうねりが加わってきます。私は昔からくせ毛がありましたが更に強くなりました。パーマに間違えられる良い具合の今のうねり具合最高に気に入っています(笑)縮毛強制して直毛は若者の特権に思います。年を取ってからの直毛は老け感が増すと感じてます。

    適度に力を抜いて自分らしくを心掛けてはいますが。。。

    • お色直しはしてないです(笑)
      ブログ機能の確認とかしてました。

      顔色がくすまない!ですよね~~~w
      ベース命だとつくづく・・・・。頑張れ自分。

      髪の毛も年配の直毛は見ないなって、言われてみるとなるほどですね。
      先生の髪は自然だったんですね!いつもきれいにセット(カール)してると思っていたのに驚きです。
      現在の私は寝癖と見分けがつかない微妙なうねり(;´Д`)

  2. 美人の45歳か地味な35歳か…。凄い選択肢だね(^^)でも、経子さんはもともと美人だから美人の35歳になれるよ~!!

    • おはるさん・・・。

      なんて素敵なコメント!!!ありがとうございます。
      お礼に箱菓子など包んでもっていこうかと思います。(気持ち的に)

      何はともあれ、数年前、おはるさんの年齢を知った時、
      思っていたのと10歳以上違っていたあの衝撃は忘れられません。
      今度美と若さの秘訣などお酒の席で伺えたら幸いと思っています(笑)

  3. 長年の研究と分析によると、小柄だと若く見えるし、明るい性格だと印象が若く感じます。ですから…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です